運転特徴診断

■交通事故は、運転者の性格からひき起こる?
交通事故に関する多くの研究や調査によれば、交通事故のほとんど(80〜90%)がドライバー自身の行動に原因があるといわれています。それも「ちょっとしたミス」「スピードの出しすぎ」「無謀運転」など、ドライバーの性格や心理状態によって事故となる場合が多いのです。

■自分の性格をまず知ることが大切
スピードを出したくなったり、とっさの判断を間違ったりすることがありませんか。普段は余り気にならなくても、ハンドルを握るとそれがハッキリ現れることがあります。このような自分自身の潜在的運転特性を知り、事故につながりやすい性格や心理状態を抑えることが、安全運転にとって大切です。